MENU

吐き気は副作用?

【緊急速報!】人数限定

>カロバイが500円?!

 

 

K-POPアイドルが好きな方なら、1度は聞いたことがあるというほど爆発的人気となっているダイエットサプリのカロバイ。

 

飲むだけで痩せると評判になっていますが、そんな夢のようなサプリを摂取して、吐き気や腹痛などの副作用がないか心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

SNSでもカロバイを飲んで吐き気があったか、その他にも症状があったかどうかなど、副作用に関する関心は高いようです。

 

実際に購入を考えるにあたっては、カロバイは本当に大丈夫なのか?ということを確かめておきたいですよね。

 

そんな方のためにカロバイの副作用について、吐き気等の症状がでるのかなども含めて調べてみました。

 

 

カロバイ

 

カロバイの安全面-副作用はなし-

まず結論からになってしまいますが、カロバイは安全性の面で全く問題ありません。

 

カロバイはダイエットサプリメントいわゆる健康補助食品であり、医薬品とは違います。

 

配合成分も自然由来のものが多く、摂取量や摂取方法をきちんと守れば副作用はありません。

 

 

また日本版カロバイは日本人の体質にあうように、京都大学生物学、医学の専門家の監修のもと、成分を研究、再配合されています。

 

サプリの製造に関しても、GMPという製造品質管理の基準を満たしている日本国内工場で生産されているので、これだけとっても信頼できる製品といえるのではないでしょうか?

 

 

カロバイの成分を詳しくみてみると・・注意点があった!

成分別にみていくと、配合されている白インゲン豆はそのまま生で食べると下痢を引き起こすと言われていますが、カロバイに入っている白インゲン豆抽出物にはその危険性はありません。

 

ウコンエキスや緑茶カテキンも過剰摂取すると肝機能に障害がでる事例がありますが、もちろんカロバイは効果を発揮するが過剰摂取にならない量となるように配合されているので安心です。

 

ただしサプリメントも体内に取り込むもの。

 

さまざまな食事や食品によって体が反応するように、体調や体質によっては合う、合わないが出てくる可能性は0ではありません。

 

ここでカロバイを摂取するにあたって、気をつけておきたい点を整理していきたいと思います。

 

アレルギーの人は注意!

カロバイにはキトサンが配合されていますが、これはかに由来の成分となっています。

 

甲殻類が原料のため、アレルギーがある方は注意が必要です。

 

またその他アレルギーがある方は、事前に原材料を確認してから購入しましょう。

 

わからない場合は、かかりつけの医師に相談してもいいかもしれません。

 

1日の目安の摂取量を守ろう!

「食べ過ぎたから、今日はたくさん飲もう」や「昨日飲むのを忘れたからと、今日は2日分をまとめて飲んじゃえ!」等、指定の摂取目安量よりも多く飲んだからといって効果が早く表れるということはありません。

 

カロバイは、毎日継続して飲むことで体質を改善しダイエットにアプローチしていくので、毎日決まった量を飲み続けることが大切です。

 

逆に体調が優れず、カロバイを飲むのが難しいときは無理をしないことも大切です。

 

飲んだら吐き気が?

口コミの中に飲んだ後に吐き気を感じたという方もいたのですが、どうやらカロバイを朝起きてすぐ、一気に6粒飲むことで気分が悪くなっているようです。

 

朝は人によって様々ですが、胃が疲れていて食べ物を受け付けなかったり、ぼんやりしているときに無理矢理飲み込んだりすると吐き気を感じたり、ムカムカ胸焼けしたりすることもあるかもしれません。

 

1日6粒はあくまで目安量です。

 

また摂取の時間も日中の食前後でよいとされています。

 

その日の体調によって飲む量を減らしたり、日中数回に分けて飲むといったように、朝一に飲むのが辛いのであれば、朝食後やランチの前に飲むなど自分の体調やライフスタイルに合わせて飲み方を工夫してみましょう!

 

関連記事:カロバイ(後半に気持ち悪くなる時や体質に合わない場合の対処法を記載)

 

医師と相談することも大切です

薬を服用している方や、通院中の方、妊娠・授乳中の方は、カロバイを飲み始める前に必ず主治医と相談しましょう。

 

原材料名のリストを持って行ったり、パッケージそのものを持っていくと相談もスムーズになると思います。

 

カロバイには副作用の心配はありませんが、摂取方法を守って自分の体調と相談することで、より快適に安心して使用できます。

 

このページの先頭へ